富山はこれまでにさまざまな伝統工芸品を生み出してきました。
井波彫刻や高岡銅器は歴史に裏打ちされた匠の息吹を今日に伝えるものです。富山のガラスは現代に生きる気鋭のガラス作家が世界に向けてキラリと光る作品を世界に発信しています。
このサイトでは富山を代表する工芸品の数々をお気軽に購入いただけます。
『掲載商品以外にも記念品・贈答品にぴったりな商品を多数取り揃えておりますので、お気軽にご相談ください 』
  • [2017/05/08] ホームページ「富山の工芸品館」を開設しました

荒彫りから仕上げ彫りまで200本以上のノミ、彫刻刀を駆使する伝統の技術、技法は、国指定の伝統的工芸品、地名入り団体商標に登録されるとともに、全国にある社寺や山車に井波彫刻技術が用いられるなど、富山県を代表する工芸品となっています。

高岡銅器は大きなものでは大仏や仏像、寺院の梵鐘(ぼんしょう、釣鐘)、小さなものでは仏具や香炉、花瓶や茶器、灯籠などがあります。職人の技術が生み出す、しなやかな鋳肌、味わい深い色合い、そして躍動感あふれる曲線美が多くの人々を惹きつけ、富山の名産品として親しまれています。





透明なガラスは部屋のどこにおいても、その部屋にあわせたカラーへと変化します。
光の加減でさまざまな顔を魅せるガラス工芸は、見る人の心にうるおいを与えることでしょう。
富山のガラスはガラスアートの特長を生かして世界に羽ばたこうとしています。

トップへ戻る